介護ソフト比較

介護ソフト比較 ASPタイプでコスト削減できる理由

コスト削減に繋がると人気の介護保険ソフトをお知らせします。口コミ・評判の良いカイポケビズなら、導入費用もかからず、低額で毎月使用できます。


カイポケビズ

カイポケビズ
コスト削減に繋がると多数の支持を得ている介護保険ソフトの【カイポケビズ】
機能もシンプルで覚えやすく、低価格なのに高額なソフトと同等以上と評判です。
実際、介護ソフトの費用が経営を圧迫することってありますよね。特に独立当初は大変なことも多く、介護保険ソフトの費用が予算に食い込むこともあるでしょう。
カイポケビズなら、導入費用は0円、月額1980円からの完全月額定額制です(2012年2月現在)
また利用者が増えても料金は変わらず、ISDN回線なしで国保連伝送請求することも可能なことから、他の介護保険ソフトから乗り換える方も増えていますね。
まずは公式サイトで無料体験されてみてはいかがでしょうか?
ソフトの使い勝手や特徴を把握できると思います。

 

 人気の秘密は・・・

コスト削減に繋がると評判の介護保険ソフト
利用者が増えても価格が変わらない
パソコンが壊れてもデータ消失しない
カスタマーサポートが繋がりやすい
追加費用なしで国保連伝送請求が可能

介護ソフト比較、新規導入・乗り換え検討中の方へ

介護ソフト比較、新規導入・乗り換えを検討している介護事業者の方へ。

ASPタイプ、パッケージタイプと介護保険ソフトがありますが、人気の介護保険ソフト、両タイプを比較しコスト削減につながるソフトをご紹介していく予定です。

経営者として、担当者としてコスト削減を考えるのはとても重要ですよね。
事業者として利益を出せず倒産してしまうと、ご利用者に一番迷惑をかけてしまいます。

そのためにも、必要な機能があり、操作・管理がしやすく導入のコスト・経費も抑えられる介護保険請求ソフトを選びたいですね。

従来は介護保険ソフトと言えば高額なパッケージ型のソフトが多かったです。

しかし、インターネット活用が進み、利用者の負担を軽くしつつ、高機能を追求、さらにセキュリティ面でも信頼できるレベルの商品が増えてきている現状、ASPタイプの介護保険ソフトに乗り換える介護事業所は非常に増えています。

介護事業を運営して行くにあたり、

・コスト削減
・業務の効率化

この2つは常に改善していきたい部分ではないでしょうか。

改正介護保険法の施行というタイミングで介護保険ソフトを乗り換えようとされる方は多いと思いますが、では実際どれがオススメなの?と立ち止まってしまうかと思います。

パッケージ型ソフトの場合、中にはバージョンアップのための費用がかかるものも。

介護保険ソフト ASPタイプのメリット

対してASPタイプは基本的に利用料を支払っていればバージョンアップのための費用は不要です。
しかも介護保険ソフトを運営している側で更新もしてくれますから、こちら側では特にすることはありません。

こうした操作上の負担が軽いのもASPタイプのメリットですね。
自宅からでも記録管理が出来る、というのもメリットに感じる方が多いのではないでしょうか。

せっかく乗り換えるのであれば、コスト削減ができ、サービス利用者が増えても料金が変わらず管理がしやすいASPタイプがオススメです。

中でも利用者が急増しているのが、介護ソフト・介護保険請求ソフトのカイポケビズ。

このカイポケビズは、

・国保連への請求はもちろん、バージョンアップ料金も無料

・通常は、初期費用など●万円、月額費用も●万円。しかし、カイポケビズは月額1980円〜利用可能。さらに今なら無料期間も。

・上場企業が運営

といった特徴があります。

(無料期間に関しては、実施状況を公式サイトでご確認ください)

カイポケビズの対象サービスは以下となります。

該当されるサービスを提供中の事業者の方は、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

・居宅介護支援
・訪問介護
・通所介護
・福祉用具貸与/販売
・訪問入浴介護
・訪問看護
・訪問リハ
・通所リハ
・夜間対応型訪問介護
・認知症対応型通所介護
・居宅療養管理指導
・各種介護予防

ぜひ、無料体験で使い勝手を試してみてください。

カイポケビズ